メニュー

ビークロイドデッキ考察

あくまで自分なりの考察。リンクスで使うビークロイド、その他相性の良さそうなカードを考察してみた。

名前の横にある記号は自分なりの評価。◎:3枚積み必須、〇:強い、△:まあまあ、×:ゴミ

 

ダークジェロイド:◎

「いきなりビークロイドじゃないじゃん!」と突っ込まれそうだが、数々のロイドの恩恵を受けられるので採用。

後述する《ガーディアンの力》との相性も良い。貧弱なステータスを補ってくれる。

《強化蘇生》との相性も良く、攻めにも守りにも補助にも活躍。

 

ミキサーロイド:◎

とにかく強い。前半の効果で主に呼んでくるのはダークジェロイド。

後半の効果で呼ぶのはペアサイクロイド。序盤中盤終盤と隙が無い。

 

ペアサイクロイド:◎

リンクスでこの性能はヤバイ。ミキサーロイドで出してもよし。融合して出してもよし。

フィニッシャーとして活躍できる。

メガロイド都市:◎

このカードがなければ始まらない。ロイドサーチ、戦闘時補助、墓地肥やしとロイドの欲しいもの全てが詰まった夢のカード。これが登場するまでどれだけの時が経ったんだろう?

余談だが、かつて自分はロイドデッキの墓地肥やしにはデビルコメディアンを使ったりしていた。

カイトロイド:◎

リンクス専用のカード。ロイドデッキ以外でも活躍している。OCGでも出していいんじゃない?

ラヴァ・ゴーレムとの相性が良い。

 

ガーディアンの力:◎

もはや何も語るまい。リンクスで圧倒的に猛威を振るっているカードの一つ。

メガロイド都市を引けない時に貧弱なロイドたちをサポートしてくれる。

ダークジェロイドと組み合わせると、《ブラック・マジシャン》ラインである2500まで倒すことが出来る。

《トラックロイド》、《サブマリンロイド》との相性も良い。